読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

読書感想・将棋(振り飛車党)・雑談などのゆるい趣味ブログ

「雲のむこう、約束の場所」を観た

映画

f:id:Cp7N2Rdr:20170329154513p:plain

日本が南北に分断された、もうひとつの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生の沢渡サユリに憧れていた。彼らの瞳が見つめる先は彼女と、津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された謎の巨大な「塔」。いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる2人。ところが中学3年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう。うやむやのうちに飛行機作りも投げ出され、それぞれ別の道を歩き始めるのだが…。
2002年『ほしのこえ』で映像界に鮮烈なデビューを飾った新海誠監督の、初長編映像作品。 

 見終わった後にもう一度伏線のオープニングを見たくなるほど感情移入してしまいました。一度では理解しずらい深みのある物語。世界観はSFだけれどもそこに生きる人の心情を描くのが上手いと思いました。色んなものが暗示として登場しているので、見る人によって色んな解釈ができると思います。ハッピーエンドなのかバッドエンドよくわからないのがまたグッときます。

「ほしのこえ」を観た

アニメ

f:id:Cp7N2Rdr:20170329125542p:plain

中学3年の夏、国連宇宙軍の選抜に選ばれた長峰美加子は、思いを寄せていた同級生の寺尾昇に別れを告げる。美加子は地球を後にし、昇は普通の高校へ進学。地球と宇宙に引き裂かれた2人はメールで連絡を取り続けるが、美加子が地球から離れるに従い、メールの往復にかかる時間は何年も開いていく。クリエイターの新海誠が個人制作したフルデジタルアニメーションで、そのクオリティから高い評価を受けたSF短編アニメ。

キャッチコピーは、「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」

切ない青春の心情とSFロボットを融合した映像作品でした。約30分の中でこれだけ完結できる技術がすごい。どんどん引き裂かれていく感じに胸を締め付けられます。最後の戦いの後にちゃんと地球に帰還したのかどうか気になる。ハッピーエンドであってほしいと願ってしまった。

「創作の極意と掟」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170328191808p:plain

創作歴60年の筒井康隆が満を持して執筆した、『文学部唯野教授』実践篇とも言うべき一冊。作家の書くものに必ず生じる「凄味」とは? 「色気」の漂う作品、人物、文章とは? 作家が恐れてはならない「揺蕩」とは? 「小説」という形式の中で、読者の想像力を遥かに超える数々の手法と技術を試してきた著者だからこそ書ける、21世紀の“文章読本”。創作歴60年の筒井康隆が初めて明かす、目から鱗の全く新しい小説作法!

小説作法なんかいらないと言う著者の小説作法本。小説は自由なものでいいかげんなもの(であるべき)だとして、書いている間に主人公の性格が変わっていってもいい、文学的でもエンタメでもいい、ありきたりなものでもいいし変わったものでもいい、論理性があっても支離滅裂でもいい、こだわりは作家によってさまざま推敲しまくって細部に固執しなくてもいい、などが書いてありました。結局は本人が面白がって書くことが一番良いのかもしれないです。ですが基本的なこととして、できるだけ人称を途中で変えない方がいいとかはきちんとした方が良いそうですが。最後には物語作りにおける反復の技術が細かく書かれていました。

「秒速5センチメートル」を観た

映画

f:id:Cp7N2Rdr:20170328002451p:plain

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。

貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。3本の連作アニメーション作品。

キャッチコピーは、どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。

切なさが抜群に良かった。多くは説明しない意味深なところと、情景の描写が心に刺さります。90年代の田舎なのがまた余計とそうさせます。特に1話のせつあが好きだなと思ったいたけれど、3話までみおわってみると全部繋がってどこ話も良さが理解できた。大きなアクションドラマは全くないところが、現実の人の心情に近いものになっているのかなと思います。目の前のものを大事にするか、何かを追い求めるか、生き方の選択における切なさを共感しまいます。ピアノの曲もすごく良くて音楽が心に響きました。

「言の葉の庭」を観た

映画

f:id:Cp7N2Rdr:20170327225549p:plain

靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。

キャッチコピーに「愛(あい)よりも昔、孤悲(こい)のものがたり」

 アニメーション映像が綺麗でした。この会社が制作したアニメは背景の作り込みがすごい。高校1年生の男子生徒と綺麗なOL風の女性の切ない恋で、最後には哀愁が残ります。あるようでない話といった印象でした。どちらかというとストーリーよりもアニメーションの技術と音楽の組み合わせが見どころだと感じました。

「パプリカ」を読んでみた

小説

f:id:Cp7N2Rdr:20170327101036p:plain

同名アニメ映画の原作。精神医学研究所に勤める千葉敦子はノーベル賞級の研究者・サイコセラピスト。だが、彼女にはもうひとつの秘密の顔があった。他人の夢とシンクロして無意識界に侵入する夢探偵パプリカ。人格の破壊も可能なほど強力な最新型精神治療テクノロジー「DCミニ」をめぐる争奪戦が刻一刻とテンションを増し、現実と夢が極限まで交錯したその瞬間、物語世界は驚愕の未体験ゾーンに突入する!

神がかった小説に出会いました。一言で言うと、徐々にぐっちゃぐちゃになっていく話で、人の頭の中を表現しているように思います。夢と現実が交錯するという設定が面白いのと、精神分析学をしっかりと学んで書いているのだろうなと思われる十分な知識がありました。アニメ映画も良かったけれど原作も良かったです。

「星を追う子ども」を観た

映画

f:id:Cp7N2Rdr:20170323210256p:plain

地下世界アガルタから来たシュンと出会ったアスナ。心を通わせるも、シュンは姿を消してしまう。そしてアスナの前に現れたシュンと瓜二つのシン、妻との再会を切望する教師・モリサキ。それぞれの想いを胸に、3人はアガルタへと向かう─。

太古の生き物や変な生き物がいたり、もののけ姫やラピュタっぽい雰囲気の世界観。作り込みではない抽象的な話で、主に死生観を描いている作品。「亡くなったら大きな世界の一部になる」、「愛する人を失ってでもなお生きろ」といったメッセージがあります。最後のエンディングは好きな感じでした。