読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

読書感想・将棋(振り飛車党)・雑談などのゆるい趣味ブログ

「幼女戦記」を読んでみた

小説

 「幼女戦記 (1) Deus lo vult」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170210135727p:plain

戦争の最前線にいるは幼い少女。金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。幼女らしい舌足らずさで軍を指揮する彼女の名はターニャ・デグレチャフ。だが、その中身は、神の暴走により幼女へと生まれ変わることとなったエリートサラリーマン。効率化と自らの出世をなによりも優先する幼女デグレチャフは、帝国軍魔導師の中でも最も危険な存在へとなっていく―。

ライトノベルだけど前提知識がないと読みにくいヘビィなノベルでした。歴史や思想などの基礎知識があっても軍事的な用語は調べながら読まないといけない小説。中高生には難しいのではないかと思います。ただ内容は面白いです。

組織論や人間観についてかなり深い描写があるので勉強になりました。幼女の可愛らしい心理要素は全くありません。ガチの血なまぐさい人間模様です。

本だけでは難しいかもしれないのでアニメと並行して読み進めることをお勧めします。

「幼女戦記 (2) Plus Ultra」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170216122633p:plain

金髪、碧眼の幼い少女という外見とは裏腹に、『死神』『悪魔』と忌避される、帝国軍の魔導大隊の指揮官、ターニャ・デグレチャフ魔導少佐。大軍を烏合の衆と嗤い、懸命の抵抗を蹂躙し、焼けといわれた街を焼く。彼女の姿は、帝国軍という暴力装置の矛先として先陣にあった。各国の思惑が入り乱れ、激化する戦局の中で、帝国軍参謀本部は、勝利の秘訣は、『前方への脱出』のみと確信する。

1巻を読み終えるとある程度の知識が頭に入るので2巻が読みやすくなった感覚がありました。話の内容と雰囲気が掴めていることもあってか前巻よりはスラスラと読めたと思います。最後に一瞬だけ萌え要素があったけれど他は真面目な戦記もので歴史の勉強にもなりました。戦況としてはいよいよ大きな混沌の入り口に差し掛かった辺りでしょうか。次巻以降はもっと末期感が出てきそうな気配がします。

「幼女戦記 3 The Finest hour」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170221135341p:plain

 金髪、碧眼の幼い少女という外見とは裏腹に、『死神』『悪魔』と忌避される、帝国軍の誇る魔導大隊指揮官、ターニャ・デグレチャフ魔導少佐。戦場の霧が漂い、摩擦に悩まされる帝国軍にあって自己保身の意思とは裏腹に陸、海、空でターニャの部隊は快進撃を続ける。時を同じくして帝国軍は諸列強の手を跳ね除け、ついに望んだ勝利の栄冠を戴く。勝利の美酒で栄光と誉れに酔いしれる帝国軍将兵らの中にあって、ターニャだけはしかし、恐怖に立ち止まる。

戦争に対する考え方を学べる巻だと思います。最終目的は何なのか、完膚なきまでに叩きのめすことが目的なのか、平和を取り戻すことが目的なのか。内容では戦いを終わらせるタイミングを見失って勢いに乗った民意とともに国と軍が暴走ぎみになっていきます。外交政策で血を流すことを防げたのにもかかわらず勝利という麻薬が抜けきらないとはこのことなのでしょう。特に勝った側が考えないといけないことだと思います。リアルの欧州戦線だけでなく太平洋戦争でもそうだったのでしょう。

「幼女戦記 4 Dabit deus his quoque finem」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170224201612p:plain

愛くるしい幼女の外見をしながらも
『悪魔』と忌避されるは、
帝国軍の誇る魔導大隊指揮官、ターニャ・フォン・デグレチャフ魔導少佐。
砂塗れの南方戦線から帰還するや否や、
待構えていた参謀本部より彼女に発令されたのは、胡散臭い『演習命令』。
それは、連邦領への極秘裏に遂行される越境作戦。
そこで目の当たりにしたのは……誰もが、ありえないと信じて疑わなかった連邦の参戦。
その幻想は、放たれる列車砲の一弾と共にかき消される。
帝国は、戦うしかない。世界の全てを敵に回しても。
もはや勝ち続ける以外に道はない。
その先にあるのは不朽の栄光か、栄光の残照か。
答えは、ターニャ・フォン・デグレチャフだけが知っている。

 連邦が動き出して東部戦線が始まりました。まず初めにシカゴ学派の資本主義者であるターニャが共産主義である連邦の本山であるモスコーを強襲してやりたい放題します。独裁者のプライドを折るかなり爽快で気持ちの良いシーンがありますが、それがきっかけで連邦軍が本格的に動き出し、西部戦線や南方戦線も加えて史実の第二次世界大戦の泥沼のような状態へと突き進んでいきます。これから実際の歴史とどのような違いが出てくるのか、ターニャの活躍が楽しみです。

「動物農場」を読んでみた

小説

f:id:Cp7N2Rdr:20170220194855p:plain

 飲んだくれの農場主ジョーンズを追い出した動物たちは、すべての動物は平等という理想を実現した「動物農場」を設立した。守るべき戒律を定め、動物主義の実践に励んだ。農場は共和国となり、知力に優れたブタが大統領に選ばれたが、指導者であるブタは手に入れた特権を徐々に拡大していき……。権力構造に対する痛烈な批判を寓話形式で描いた風刺文学の名作。『一九八四年』と並ぶ、オーウェルもう一つの代表作、新訳版

 読んでみると名作と言われる所以がよくわかりました。それと同時に自分の中でもオススメしたい一冊にランクインです。それほど分厚くないのでさらりと読めるけれどもその中身はすごく濃い原液カルピスみたいな本。

権力と大衆について考えさせられるはずです。権力を持ったときはどうすればよいか、一般人としてどのような振る舞いをすべきかです。ソ連の体制をモデルにしたと言われていますがそれに限らずにどんな組織にも当てはまると思います。自分はどの位置にいるのか当てはめると大事なことが見えてきそうです。

「プリニウス」を読んでみた

漫画

f:id:Cp7N2Rdr:20170216131335p:plain

 どうしても、この男が描きたかった! 世界史上もっとも著名な博物学者にして、ローマ艦隊の司令長官。古代ローマ一の知識人にして、風呂好きの愛すべき変人。その男の名はプリニウス――。『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリが、最強のパートナー〝とり・みき″を迎えて、ふたたび魅惑の古代ローマ世界に挑む。圧倒的な構成と迫真の画力で2000年前の世界を描く、歴史伝奇ロマンの決定版、ここに誕生!

 1巻読了。

賢い人はいつの時代でも観察力と論理的思考力さらには未知への好奇心があるようです。旅をしながらその土地の自然や人々の生活から新しい知識を得て書き残していく。そんな中で知識人への畏怖から足を引っ張る権力者という構図は今も同じように思います。

ローマの時代に持ち歩けるノートのようなものがあったことに驚きました。それならあれだけ学問や哲学が進んだことにも納得です。

「カエルの楽園」を読んでみた

小説

f:id:Cp7N2Rdr:20170212195455p:plain

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。

ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。
大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

 日本の安保に対しての警鐘としての一面もあるのではないでしょうか。憲法9条が三戒に例えられているような気がします。三戒の内容自体は素晴らしいものなのは間違いなけれども、非常事態に現実を直視せず宗教のようにひたすら守り続けることが果たして良いのだろうか。またそれを回避するにはどうすればよいのか、を考えさせてくれる一冊だと思います。

そして何よりも最後に良い思いをしたカエルがいかに利己的であったか、裏で糸を引いていると組織があったか。それになぜ気付かないかったのか憤りすら感じたと同時に、大衆扇動というもの怖さを感じることができました。

「劇場版 TRIGUN Badlands Rumble」を観た

映像作品

f:id:Cp7N2Rdr:20170212142658p:plain

流砂に囲まれた町・マッカでは伝説の大強盗ガスバックが町を狙っているという噂が流れ、町の権力者ケプラーは町を守るために荒くれ者を集めていた。その中には600億$$の賞金首ヴァッシュ・ザ・スタンピードの姿もあった。そして、ついにガスバック一味が町へと現れてしまう。その中に、なんとウルフウッドの姿が…。

漫画が原作のアニメ映画です。異世界とSFと中世が合体したような世界観で街の雰囲気がロマンがありますね。

ルールに則っていようがいまいが奪い合いには違いないと争いが起こす人たちと、争いを避けたり仲介したりする人たち。何が正義で何が悪かを考えさせられる映画でした。

「放課後地球防衛軍1なぞの転校生」を読んでみた

小説

f:id:Cp7N2Rdr:20170212111443p:plain

11月、獅子座流星群の夜。銀河に出逢う放課後のはじまり――太平洋岸の過疎の地方都市・岩江。市内唯一の高校の天文部員、祥兵、雅樹、マリアは、顧問の杏先生と共に夜空が墜ちるような流星嵐を観測した。翌日、彼らの前に現れた転校生の悠美。入部希望だという彼女は「岩江の大人達が隠す地球の秘密を知りたい」と微笑む。地下の大空洞を皮切りに、次々明らかになる鄙びた町の真実。はたして悠美の目的とは?

やっと全体図が理解できてこれからというところまでの内容で、比較的ゆっくりとした話の進み具合。天文学の知識や施設が出てくるので勉強になりました。SFだけれども現代の日常の中から徐々に宇宙と繋がっていきます。大きな感情表現があるのではなく何かあっても冷静に話し合いが進んでいく頼もしい高校生たちでした。

「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件」を読んでみた

小説

f:id:Cp7N2Rdr:20170211125457p:plain

 「あなたは、我が校の《庶民サンプル》に選ばれました」 ごく平凡な高校生・神楽坂公人は、ある日突然、『清華院女学校』に拉致されてしまう!伝統と格式あるこの学校に通うのは、名家の令嬢ばかり。おまけに外の世界に出たこともなければ、同世代の「男」を見たこともないという超絶箱入りっぷり。異性と世間に免疫をつける教育のため、「庶民サンプル」として選ばれた公人だったが、ケータイ、ゲーム、漫画すら知らないお嬢様たちにとって「庶民」は憧れの存在で……!? いきなりお嬢様にモテモテ生活スタート! ハートフル学園ラブコメディ!

 ある意味、現代の異世界である隔離されたお嬢様女学校での話。そこに一人の男子が入学するとどうなるのか、ラッキースケベ展開を楽しめます。ハーレムものですが女性同士の友情という心暖かい側面が多くて安心して読めます。ライトノベルなのでそこまで難しい語彙があるわけではなきためスラスラ読めました。