読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

詰将棋を楽しく問く方法

詰将棋は棋力アップにはかかせませんが、自分は詰将棋が嫌いです。それに、ただ単に難しい問題を唸りながら問くのはおもしろくないので、楽しくできないか考えてみました。

○1手詰みたいな簡単な詰将棋をバッサバッサ切ってひたすら無双し、気持ちよくなる。

たしかプロの人が「楽しく感じるということはすでに対等ではない」みたいなことをおっしゃっていたと思います。できることは楽しく感じるんですね。

○誰かに詰将棋を解説するように、声を出しながら問く。

1つの詰み筋だけでなく、こうやったらこうなるというポイントの変化を人に説明してるかのような感じで喋りながらやると楽しくできると思います。声に出して思考を整理できます。テレビ番組で詰将棋を解説するかのような感じで。

○意図を考えてみる。

ここにこの駒を置いてるということはなぜなのか、を考えると答えが見つかりやすくなることもあると思います。この手には引っかからないよと、出題者との駆け引きを楽しみましょう。