読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「羽生の法則1 歩・金銀の手筋」やってみたまとめ

・「羽生の法則1 歩・金銀の手筋」を買ってみた

これまで詰将棋を中心にやっていましたが、今度は手筋を勉強したいと思います。

対局中に形の崩して寄せにもっていく技術がなさすぎて、手が止まって時間を消費してしまいがちなのです。そこで本屋に向かい、良さそうな本を見つけたのでこれから読んでみます。それがこれです。

f:id:Cp7N2Rdr:20160807201408p:plain

1000円ちょっとで買いました。表紙の羽生さんがイケメンすぎてまぶしいですね。まぶしすぎるのでブックカバーかけてしまいました。

特に歩の手筋が多くあるのでいいかなと思いました。安い駒をうまく使って攻めに応用力をつけていきたいところです。最初の何ページか見ましたが、いい感じに勉強になりそうです。手筋は知っていないとできないようなところがあると思うので、まず知ることにします。では頑張ります。

・「羽生の法則1 歩・金銀の手筋」を読了

読み終えました。1000円ちょっとにしてはけっこうボリューミーな感じがしますので、満足です。読み終えるのに、毎日少しずつ進めて2.3週間かかりました。けっこう時間かかりました。

 

内容の感想ですが、特に歩の手筋の部分はまた読み返したいなと思います。部分図みたいな感じで手筋を体系化してあるので、理解しやすかったです。

金銀の手筋は、他の本でも見たことある有名な手筋が多かったように思いますが、初見で勉強になったこともあったので読んで良かったです。

各章の最後に実践編というのがあって、羽生さんの棋譜から抜粋されてるものがあるのですが、全体図から手筋を考えるのはウォーズ3級の僕には難しすぎました。

 

それと本の中の文章に、かっこいい言い回しが多くてモチベーションが上がります。羽生さんの感覚的なものが言葉で表現されているのではと思いました。

 

将棋連盟文庫 羽生の法則1 歩・金銀の手筋