読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「ねじの人々」を読んでみた

第25話まで読了。絵の雰囲気で選んで読んでみたところ、内容も面白くて一気に読んでしまいました。裏サンデーで連載されている漫画で、単行本も発売されています。

f:id:Cp7N2Rdr:20160919204028p:plain

この漫画のメインテーマは「哲学」。考えることについてです。

主人公(ねじくん)たちは学校に通っていて、そこでの出来事からひたすら思考をしていきます。自分、恋愛、進路、多数決、などなど、現実にもありうる状況が描かれているのでリアルに考えさせられると思います。

作品内では考える人の頭にネジがついています。ある人とない人に分かれています。

自分も同じようなことを感じていたことがあって共感できたのでオススメです。

絵のタッチはシンプル。内容が哲学ということもあってかあまり表情が変わらないですが、それでいて女の子は可愛い。

主人公に力が入っていないのが好感を持てました。主人公を交代してゆっくり考えたいとか言っていて面白いです。

他の登場人物も同様で、将来の仕事について一人でできることしたいとか言ってます。←共感ポイント

 

作品内にいい言葉があったので少し載せます。勉強になります。

「比較をやめて自分自身の価値を生み出す。」「考えることをやめない。」

 

連載は続いているので続けて読みたいです。読んで頭のネジを回します。