読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「将棋年鑑」を買ってしまった

まだ買わないと言っていた将棋年鑑を勢いで購入してしまいました。棋譜並べを始めてから、たまに本屋で見る将棋年鑑がやたらと輝いて見えました。5000円くらいしたけれど思い切っての投資ということにします。

f:id:Cp7N2Rdr:20170120124837p:plain

将棋界の1年の動きが載っていて、タイトル戦や級位戦などの解説付き棋譜、流行戦型などのコラムが載っています。

 

プロの棋譜が解説付きで載っているのはありがたいですね。自分で並べてるだけではよくわからないところが多いので、解説を読みながら感覚を掴みたいです。

 

家に置いてみると、かなりの存在感です。重いです。そして羽生さんの安定的なイケメン具合。歳を取ってもこういう人になりたいですね。

 

巻頭に女流棋士の特集があります。その特集で加藤桃子さんへの質問とその答えが載っています。それによると、自分の性格を一言で言うと?に対しての答えが「腹黒いけど明るい変な人」ということでした。

明るくていつも笑顔のたえない人だと思っていたのですが、その反面、内にしまっているものも大きいということでしょうか。それくらいでないと将棋は強くならないのでしょうか。

結局何を言いたいかと言うと、個人的にタイプだということですね。

 

予算に余裕のある方は将棋年鑑を買うと、こういった記事も読むことができます。将棋だけでなく棋士の普段の性格を考えてみるのも面白いかもしれません。

 

平成28年版 将棋年鑑 2016