読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

三浦九段のソフト使用疑惑とその処分について考えてみる

竜王戦挑戦者決定戦で、三浦九段がソフト使用疑惑で、年内の公式戦を出場停止処分になった件について考えていきます。

終盤の局面で一手づつ離席したために相手の丸山九段が疑問を持ち、将棋連盟に報告してから聞き取り調査が始まったという流れです。三浦九段は否定していて、別室で休んでいただけということです。弁護士にも相談しているようです。将棋連盟側の説明は、疑問を持たれたまま対局したくないという三浦九段の意思があったけれど、期日までに休場届を提出されなかったということで処分を決めたとのことです。

 

ソフトを使ったのかどうかという問題、処分するタイミング、公表するタイミング、どうなんでしょうか。疑いだけで処分をするのはどうなのでしょう。しっかりした証拠と一緒に出されるものでなければ公に出すべきでないと思いました。でないと濡れ衣を着せて世の中に晒したことになってしまいます。

もし三浦九段が何もやってなかったとしたら、見せしめにされたということなので、それは怒りますよね。今後、三浦九段の潔白が証明されたら、将棋連盟はどうするのでしょうか。

雰囲気で処罰するのは後のことを考えても良くないように思います。それとも証拠を掴んでいて事を大きくしたくないために今回のような対処をしたのでしょうか。

そもそも対局中に離席してはいけないという規則がないのであれば、対局相手が離席したとしても疑問を持つ必要はないのではないかとも思います。ましてや離席したこと自体が原因で罰せられることはあってはならないことです。もしあったら魔女狩りみたいです。

三浦九段のようなかなりの実力者が、不正をしたくなるほどのことはあるでしょうか。それなりの地位はあるでしょうし、食べるのに困っている訳ではなさそうです。だた単に負けたくなかったのでしょうか。奨励会三段とかの方がよっぽど切羽詰まってて不正が起こりえそうな感じがしますが。

プロの棋士という立場からソフトを対局中に使用してカンニングすることは、自分自身のやってきた血のにじむような努力を否定することになるとも思います。

もしやっていたとすれば証拠を取るのは難しいような気もします。以前から何らかの怪しい行動が見受けられたり多数の告発があったりということがあったのでしょうか。最近指した手がソフトと一致していたり、長時間の離席の後に絶妙手が続いたり。ですがこうなった以上は証拠は出てこないでしょう。

 

将棋連盟側にも問題があったと思います。スマホで簡単に将棋ソフトが使える時代であるのに、暗黙の了解だけで規則を作っていなかったのはウッカリだと思います。その気になれば遠くの仲間がスマホで良い手を教えることもできますし、終盤だけならスマホアプリでも十分です。こういった状況を考えると、性善説で何でもかんでもやりすぎだったと思います。現状に合ったきちんとした規則があるからこそ、誠実な人は安心していられるのではないでしょうか。

 

真実は本人にしかわかりませんがこういった問題が公になることは同じく将棋を楽しむ人間として悲しいことです。今後はぜひ事前に問題を防止するような手を打っていただきたいと思います。