読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

レジでの出来事に社会の縮図を見た

マクドナルドに来ました。

席に荷物を置いてレジに並んだのですが、いっこうにレジの注文を取る人が来ないのです。忙しいのかなーと思って働いている人を観察してみると、どうやら大きい注文が続けてあったようで、それに対応に追われているようでした。働いている人数が同じなので急だったら忙しくなりますよね。

自分は特に急いでいるわけでもないし、店員が若い女の子というのもあり、気を大きくゆったり待っていたところ、3.40代くらいのサラリーマンのおっちゃんが来店。

その人も同じように少し待っていたのですが、しびれを切らしたのか、なんと、「注文まだなんですけど!」と働いている若い女の子に怒鳴るように言ったのです。

んー。これが今の日本社会を縮図を表しているようでなんか残念な感じがしました。

見たら忙しそうなのはわかると思うし、お客さんを待たしているのは働いてる人が一番わかっているはず。もっとうまくやる方法はあるかもしれないけれど、いちいちいちゃもんつけることでもないと思います。数分待てば済むことですし。

早く対応してほしかったら、ゆっくり気長に待つのが、一番良いと思うのです。何も言わず気長に待ってくれてる人に対して、悪いなーと思うのが人情だと思います。いちいち口を挟むと、やりたいこともやりたくなくなります。それをサラリーマンのおっちゃんが実践できていないのかと受け取ってしまいました。

サラリーマンのおっちゃんも身の回りで色々あってイライラしているというのも理解できますが、ましてや働いているのはハタチそこそこの女の子たちです。それを大目に見れない余裕のなさが、今の日本の働き盛りの人たちの中にあるということでしょうか。

んー、なんとも言えない感じが胸を覆います。