読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20161021213530p:plainf:id:Cp7N2Rdr:20161021214318p:plain

増え続ける未婚男性(ソロ男子)の特徴をまとめた一冊。マーケティングの本でもあり、ソロ男子の消費力が高いことを認識しようというもの。

本書内からソロ男子の特徴を少し。
・「結婚できない」ではなく「結婚しない」
・「一人で自由に過ごす時間」が大切
・自分のためにお金を使いたい
・平均年収は300万円台が最多 

 

今までソロ男子についての世間の認識は冷たく、男はこうあるべきという固定観念から軽視されてきた経緯があるということでした。実態はその固定観念から離れてきているのにもかかわらず、こうあるべきと押し付けられるが故に居場所がなくなってしまい、最悪の場合には若くして自殺してしまうケースもあります。マーケティングに限らず偏見をなくしてしっかり現状を認識しようということでしょう。

肌感覚としても同じように、男性より女性の方が生きやすい社会になってきていると思います。平等とは言いながら合コンでおごれとか、結婚してATM化したりとか、男性にはデメリットが多いのは間違いないので、結婚しない人が多いのも理解できます。

企業のマーケティングでも女性を優遇してきた傾向があるようです。本書内では「今度の新商品、重点ターゲットは男性です、なんて言葉はあまり聞かれない。缶コーヒー以外は。」「女性が一人でディズニーランドに行っても、ひとりディズニーとして好意的に受け取られ市民権さえ得ているのに対して、男性が一人で行こうものなら変質者扱いされかねない。」「女子会とかあるけど男子会はない」などが挙げられています。

確かに女性の集まるところに男性も集まるという自然の原理はあると思いますが、今の社会はそんなに単純なものではないということでしょうか。そんな昔の原理が通用しなくなったのはソロ男子の数が増えている背景があり、お金の使いどころが変わってきているということです。

結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル (ディスカヴァー携書)