読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20161022122904p:plain

閉塞感が充満する中で心の問題を解決するヒントを精神科医の方がまとめてくれた一冊。読みやすい文章なのでスラスラ読めます。辛いなと思った時に読むと心が軽くなると思います。

 

社会に規範とすべき基準がなくなってきているとあります。何のために生きるか、何のために働くかという根本的ところで迷いが出やすい社会になっているということです。昔は家族のため国のためというように規範が見つけやすかったのに対し、損得感情や核家族化で人間関係が希薄になってくると基準を肌で感じることが少なくなってきているのでしょう。

 

解決策として、今に集中して瞬間瞬間を生きることとあります。一人なって時間ができると、未来の不安を考えたり過去のことを考えたり損をしていると妄想したりしてしまいますが、何かに集中することでそういった迷いを消すことができるということです。最初は集中していたとしても、慣れてしまうと自動操縦になって考えながらできてしまうので、小さな変化を取り入れて今に集中するのが良いようです。
また、目の前のことに長い間関心がなくなる状態が危険だというのを、自分自身で認識することが大事だということです。確かに、他人からは心を覗けないので大したことないように見えるけれど、本人はかなり辛いと思っているケースがあると思います。自分を助ける一番の道は、自分で助けることということです。

 

仕事に関しても、他人と比較せずに自分のチャレンジとして捉えることが大事だそうです。相対的な出世などではなく、給料が上がらない環境でも日々の創意工夫をどこまで楽しめるか考えれば、最低限生きていくことには困らず仕事を楽しめるということですか。やはりお金だけに目がいくと楽しくなくなるのでしょう。子どもの遊びの感覚みたいなものを取り入れて毎日を楽しむことが仕事続ける秘訣のような気がします。

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書