読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「決断力」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20161026120231p:plain

羽生さんが勝負の極意についての感覚をまとめた一冊。具体的な分析ではなく感覚的なことを、決断、集中、直感などに分類してまとめてある。読むと羽生さんの思考回路を覗けると思う。

・情報は選ぶよりいかに捨てるか。選んで手に入れ続けると飽和するので、どこかで整理して重要な部分だけ残す必要があるということ。またその時々によって必要な情報が変わってくるので必要な情報を見分け、情報収集しては捨てるということの繰り返しになる。

・才能とは継続できる情熱である。自分の人生の長い時間を投資したいと思えるということ自体が才能であるというのは同感。能力があるないよりも続けられるかどうかが大きなキーワード。教育については、子どもにわざと負けてあげて達成感を刺激すると良い。とっかかりで面白くないと思わせてしまうのは大人の責任で、やってみて面白さもわかったけど続けないというのは仕方ないということ。大人の場合はその達成感を自分で感じれらるように自分で設定する必要があると思う。

決断力 (角川oneテーマ21)