読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

ブラック中小零細企業の特徴をまとめてみた

ブラック中小零細企業の特徴

※会社だけでなく家庭やスポーツチームなど人の集まる組織に応用可。

・任せられない経営者や上司
部下を信用していないので逐一やり方から何もかも指図して監視するタイプ。同族経営の零細企業経営者に多い。実力はないけれど弱いものには強い。

・一緒に仕事をする仲間がいない環境
仕事の担当がグループ単位ではなく自分一人という環境。個人なら自由に動けていいのではと思うが、個人で担当しているけれど自由に動けないというのがタチ悪い。何かあったら事実を捻じ曲げて下に押し付けられる絶好の環境が整っている。グループの場合は束になれるので責任転嫁しにくい。

・会話がなく静まり返った職場
腹の探り合いをしているので自分から情報を発信したがらない。無言で物音もしない活気のない状態になる。ルールや指揮系統が確立せず曖昧なために、飛び火がないように気を付け合っている。

・給与形態が不透明
勤続したり成果を出したりした場合の指標が不透明。零細企業の場合は帳尻合わせができるので、残業代や土日出勤代が出ないのはおかしいと言って出してもらっても、ボーナスを減らしたりして調整できてしまう。入社時にもそこそこもらっている人もいると曖昧な情報を提示して希望を持たせるが、頑張っても給与が上がらないことが多い。

・全てを曖昧にしたがる
親などから受け継いだ経営者の場合、重要なところで決められない傾向があり、曖昧にしたがる。問題が起きてもそのまま曖昧に放置していれば時間が解決してくれると思っている。さらにタチの悪い場合には、曖昧を利用して会社側からはお願いをしていないボランティアという形にしてしまうが、実態はそうせざるを得ない社員の環境がある。