読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

ながらタバコを心理分析してみた

何かをしながらタバコを吸う人が未だに多いと思います。歩きながら、自転車に乗りながら、バイクに乗りながら、などです。ゆっくりタバコを吸う場所があるのにもかかわらず、そこまでしてタバコを吸いたいのだろうかと疑問に思ったので心理分析してみたいと思います。

吸っている自分がカッコいいという見栄

タバコ自体を楽しみたくて吸っているのではなく、他人を意識して吸っているケース。特に若い人の間ではタバコ=ちょいワルというイメージがある。周りにそういった印象をつけることがカッコいいと思ってしまうでしょう。しかめっ面をしてナルシストな顔をしながら吸っているとだいだいこのケース。煙は肺に入れるべきなど美学という勝手な固定観念を持っている。

依存症

これは文字通りでいつでもどこでも吸わないと落ち着かない精神状態にあるケース。ながらタバコでもいいからとにかく吸いたいと思っている。中毒なので他人は関係ない。

まとめ

一番の問題はカッコいいと思っているタイプだと思います。依存症は病院に行くべきですが、見栄を張るのは気持ちの問題で治ります。本当にタバコを楽しみたいなら、落ち着いてコーヒーでも飲みながら吸うのが良いと思います。