読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

漠然とした相振り

石田流相振りの勉強をしましたよ。相振りでいつも思うのは囲い方。まず飛車先を玉頭にもってこられるので、無意識に焦ってしまうという謎。仕掛けられてもどうってことないのに漠然と不安が募るのはよくないですね。現実でも将来の不安ばっかりしていても、今現在はそんなに大きな問題もなく過ごせていることが多いです。タイプの女の子に声をかける前に自分には高嶺の花だと勝手に決めつけて行動しないみたいな。とはいえ、美濃囲いにするか金無双にするか迷います。金無双にしたときに攻めてさばかれると飛車を打ち込まれて簡単に崩されるイメージがあるので、自分から積極的に動くことも躊躇してしまいます。美濃囲いならまだ強くいけそうな気がするけれども端攻めとか玉頭とか攻められるイメージがあるから結局銀冠にしたくなってしまう。相振り飛車は難しい。戦場が分散されるからより大局観が必要になるのだろうか。どこから手をつけていけばいいのかわからなくなってしまうこともある。やっぱり端攻めだろうか。2歩くらい持てばさっさと端攻めした方がいいのだろうか。今までは主戦場での良いさばきを優先していて、それができなさそうになってから端攻めに目をつけていたけれど、先に端攻めに目をつけながら駒組みを進めた方がいいのだろうか。ただ端攻めは手が繋がらないと上手くいかない勝手な妄想でいつも躊躇してしまうのだけれど、そろそろなんとかなる気もしてきている。やはり漠然とした印象やイメージがコンプレックスとなって将棋にも棋風に表れていたりするのでしょう。やっぱりそれは良くないですね。具体的に論理的に考えて実践でやってみて駒を持って動かしてみて失敗したり上手くいったりして体で覚えていくことが一番でしょう。ということで、勉強したら考えてばかりいないで試すべきですね。