読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

ひたすら読む

語学勉強に関してのまとめを書こうとすると実力がなくて全く書けないので、普段の思っていることのアウトプットとしてブログに書きなぐっていこうと思います。

ここのところはリーディング対策に勤しんでおります。前のTOEICでリーディングの点数がリスニングに対してやたら低かったので底上げを目指しています。ということでパート7対策の本をひたすら読んでいます。解いているのではなく読んでいます。というのもパート7の読解問題を解くというのは非常に手間のかかる作業なので、机に向かう気がなくなってきますし、長文を見ただけで面倒になるという現象が起こります。ダブルパッセージなんか見ると本当に面倒くさいです。このままではいけないと思って面倒くさくに感じる理由を探してみました。パート7の長文読解には、英文を読むという行為と、問題を解くという行為、の2つに分けられることがわかりました。英文を読むだけでも時間がかかるのに、その後に問題を読んで論理的に答えを推測する。それはもう大変なわけです。なので、問題を解くのをすっ飛ばしてしまおうという考えに至りました。ひたすら読んで内容を理解することだけをやり続ければ、英文を読むことの面倒さが減るのではないかと考えました。英文を読むことが楽になれば問題を解く気力も出てくると思います。たぶんTOEICの試験でリーディングの点数が低いのは集中力が原因でもあるも思います。まずリスニングから始まり、それが終わってから文法問題があり、最後にたたみかけるように長文が出てきます。長文を見るころには、もういろいろも面倒になってきています。ここまで解けたからもういいかと思ってテキトーにマークシートに色塗りをするのがオチです。集中力があったからといってもう少し解けているかと言われてもできるかどうか微妙ですが。なんとかリーディングの点数を上げていきたいところです。