読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

ノーマル振り飛車の万能感

角交換四間飛車の相振りの知識を増やそうと試みています。序盤早々に角道を開けるのは乱戦の可能性が増してしまうので、対策ができていない場合や乱戦にしたくない人はやらない方がいいのかもしれない、ということを勉強する中で思えてきた。そういう面ではノーマル振り飛車は偉大で、万能というかなんというか、そこそこ将棋を楽しめる戦型なのかもしれないと思い始めている。角道を開けるスタイルだと、知っているかどうかや対策をしているかどうかや経験値のウエイトがものをいうような気がしてきた。ただ逆に自分が経験値を詰めば大きな武器になることは間違いない気がするし、乱戦を避けなくて済むというのは精神的に大きい。ノーマル振り飛車でももちろん精度がどうとか細かいことを言い出したらいろいろあるとは思うけれど、級位者レベルの人にとっては駒組みの段階で大きな失敗をする確率が下がるので終盤での巻き返しがしやすく、一局の将棋を楽しみやすいと思う。序盤で意図せぬ乱戦に巻き込まれると、中盤がなくなっていきなり終盤になるので、なかなか巻き返しが難しいような気がする。一手の重みが大きい将棋はやはり初心者には向いていないのか。ある程度、読みが正確にできるような棋力がついてからの方が激しい将棋を楽しめるという感じなのだろうか。ハメ手で勝つよりも、序盤が均衡していて中終盤の構想で勝った方が、なんとなく根っこの実力が発揮できたような気がして気持ちが良いとも思う。まあ、だからといってハメ手で負けても良いということにはならないけれど、勝つならどっちがいいと言われれば後者な気がする。ノーマル振り飛車なら相手が角道開けたままでもこっちが止めればいいし、何にでも使えるのではないかという気がしてきた。穴熊にされても藤井システムやコーヤン流の構想が応用できたり。純粋に終盤力と構想で勝負するならノーマル振り飛車だろうか。逆に言えば終盤力で負けていれば普通に負けるということにもなるけれど。まあ、気軽に柔軟にいろいろやっていればいいか。