読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

久しぶりに居飛車を指してみた

振り飛車党ですが居飛車やってみた。居飛車を指したのは半年以上ぶり。最初は棒銀しか知らなかったので居飛車でしたが、それ以後は振り飛車一本に。その振り飛車がここ最近少し不調ぎみなので、新しい風を取り入れるのと居飛車の気持ちを知るということを考えて実験として指してみることにした。そしてやってみたら意外と勝てたので驚き。振り飛車で負けが続いていたので余計感じているだけだと思いますが。

居飛車を指してみて感じたのが、飛車を振らなくていいのでその1手で金銀や歩を動かせるので、序盤の駒組みに安心感があったこと。もちろん振り飛車も悪手を指さなければ大丈夫だけれども、居飛車の方が厚みを築いていくような感覚で安心感があったように思う。あと右の桂馬を活用しやすいのが攻めやすかった。振り飛車だと飛車の位置を考慮しながら進めていくことになるので左の桂馬を活用しにくかったけれど、そのイライラがなかったのでストレスフリーに楽しめた。ただ角の使い方が難しくて、振り飛車が相手で角道を開けている場合にどうしようか悩んでしまった。この辺の囲いの知識がないのが今までもったいなかったところなのか。気付いたけれど、やっぱり振り飛車側は美濃囲い率が高い。なので自分の知識をフル活用できたから勝ちにつながったところもあると思う。美濃囲いに対する攻めや受けは、級位者のアマチュアでも熟練度が高い人数が多いかも。

もちろんまだまだ振り飛車党でいくけれど、対抗系だと居飛車にするという選択肢も少し出てきた。相居飛車は除外でそれ以外の戦型はやるというのもいいかと思う。やっぱりオールラウンドに対応できた方が含みや幅があって大局を考えてやりやすいということか。とするとプロのようなレベルの高い場所で同じ戦法ばかり指す人は、将棋のプロというよりも戦法のプロというくらい絞って研究し続けているのだろうか。もしそうならすごい。