読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

調子が戻りつつある&ながら詰将棋

きれいな内容のある将棋で1勝をすることができました。勝ちももちろんだけれども内容のある良い将棋ができたという満足感で気持ちよく布団に入れそうな感じ。少し調子が回復してきたみたいです。お酒でも飲みたい。

つぶやきでは調子が上がったとか下がったとか言っているばかりですね。調子が悪いとうのは何回経験してもやっぱりしんどいですよね。ほんとしんどいですし将棋が面白くなくなってなんでこんなにしんどいことやってるのだろうと疑問に思ってみたり。そういう悪いときをどうやって乗り切っていくかどうやって流れをつかむか、これが人の大事な能力でもあると思います。そう思って修行と思って将棋に取り組んでいる次第であります。

詰将棋に取り組んでいてふと思ったのだけど、詰将棋はながらでもできるのではないかということです。自分はテレビを見ながらラジオを聴きながら詰将棋をやると気軽にスラスラできます。それに対して雑音をなくして環境を整えてから気合い入れて詰将棋をやると、逆に続かないというか数をこなせないのです。これはなぜでしょう。詰将棋は暗記ではなく数学の計算のようなものに近いからテレビ見ながらでもできるのでしょうか。気合いを入れると空回りするとはよく言いますが詰将棋に関しては本番でもなんでもないから気合いを入れずにいかにリラックスして取り組めるかという考えの方がいいのでしょうか。わからないですがその方が数をこなせるのでこれからそうしてみます。