読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

とにかく思い付きで文章を書くことについて

文章を書くということについて何か語ります。

ブログをやり始めたときに何かテーマを決めてそれについてまとめたことを書いていくのが良いのかと思っていましたが、そのやり方だけではなかなか続きそうにないので、自分は文章を書くということをしていきたいと考えました。もちろんまとめなどのようにしっかりとした理解しやすい内容のものも思いつき次第で書いていけばいいけれど、何か自分の中に湧き上がってくるものをアウトプットしたいというか、書き殴りたいというか、そういう衝動が出てきていることに気付きました。まとめようと思ったら自分のアイデアをある程度寝かせたりしてからアウトプットすることになるけれど、自分のリアルタイムに思っている自分の感情に任せてひたすら書いた文章もなかなか生々しくて面白いのではないかとも思います。まったくまとまってはいないけれどリアルな自分を可視化できるので、あとで見返しても面白いのかなぁとか考えたりします。そんなことを思いながら今これを書いています。

そういうことなので、語尾とかもよく考えてみたらむちゃくちゃだし、自分に向かって書いているのか誰か読んでくれる人のために書いているのか、それすらわかりません。そういうことを考えるよりもとにかく何か書いてみるということで自分の気持ちが落ち着いたりするわけです。やはり腹の中に煮えるものがあるのにアウトプットしないのが一番の消化不良で体にも良くなさそうです。見方を変えれば腹の中が煮えるということは、創造性が高い状態にあるということでもあるように思います。なのでそれ自体が悪いことではないとも思います。ブログなり何なりに書いていけば、もしかするとひょっとして誰かのためになるかもしれないし、誰かに見られなくても自分を見返す機会になるかもしれないし、悪い感情を忘れる手助けになるかもしれない。実は便利な世の中かもしれません。昔だったら人に聞いてもらうとか、文字に起こしても誰が書いたかすぐわかるとか、いろいろ制約もあったかもしれません。まぁその分情報も少ないしアナログで体を動かしていたのでいらないこと考えていなかったかもしれませんが。

とにかく文章を書くということが面白いことだなと感じてきているということです。内容はどうであれ筆が進むということはそういうことなのかと思います。この文章も考えながら書いているというよりは思い付きで書いているだけなのにここまで書くことができました。事前に何か考えすぎるよりは、とにかくやってみると次から次に進みだすものかもしれませんね。