読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20161116130024p:plain

勉強という作業は極めて地味で、時には退屈、多くの場合は苦痛でさえあるのです。そんな作業を継続してこられた大きな要因は、自分に合った勉強法を確立できていたから。勉強法さえ確立できれば、知識の獲得は断然楽になります。
本書では、その具体的な勉強法として、誰でも実践可能な「本を7回読む」というシンプルな方法を中心に、著者が編み出した勉強のコツをたっぷりと紹介しています。

7回読み勉強法とは、 参考書などを7回読んで内容をインプットしてしまうという方法。塾に通ったり講座を受けたりしなくてもこの方法で独学すれば大丈夫なようです。

 

〇1~3回目 ~眺めているだけ~

土台づくり。読むというより眺める。文字を目で追っていくことだけを意識する。

〇4~7回目 ~普通に読む~

完全理解を目指したり要約したり予測したりする。

 

最初の3回の眺めるということが重要だと思います。完璧主義だと最初から理解しようとしてしまいますが、それが非効率だということでしょう。いかに我慢して眺められるかがキーポイントな気がします。

集中力が切れたときの考え方も書いてありました。とにかくテキストを眺めることをとりあえず続ける、違う科目に切り替える、など、休みながらとにかくやるといいようです。

また、目的によってこの勉強法を応用していく考え方も載っていました。ただ単に7回やればいいということではなくて、必要に応じて変えていく感覚も必要なようです。ただ、基本的な原理としての勉強法はこれだそうです。あとは実践ですが、著者はかなりの時間と精神力を勉強に捧げてきているようで、最後は努力する気持ちが不可欠なのでしょう。

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法