読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

日常的に財務諸表に接するにはどうすればいいのか

財務会計の知識をなんとか維持しようと思ってブログでつぶやこうとカテゴリーを設置したのですが、普段の生活ではなかなかそういう機会がないので何を書くべきなのか迷ってしまいます。財務諸表をまじまじと見つめることがないので、自分から能動的に接していかないといけないです。

何かお店などをやっていればそのお店について考える機会があるのだと思いますが、そうではない人はどうすべきなのでしょう。お店をやっていたとしても、会計事情をブログで公開しても仕方ないですが、関連することを調べてつぶやいたりはできるでしょう。

サラリーマンの場合ではどこで使うのでしょう。経理や財務担当や役員などの経営陣はもちろんですし、大きな商社などで事業単位や会社単位でやっている人も使うでしょう。そうでなくても営業担当で期間ごとの売り上げや利益を区切って計算していく中で、自分の仕事が財務諸表にどうつながっていくのか考えられると思います。

趣味で投資をやっている場合でも、投資先の企業を分析したり業界の動向を見たらするのに使いますね。普段まったく財務諸表に接する機会のない人は、投資するかしないかは別にして、こういった形で勝手に分析して予想することはできます。その予想が当たったか外れたかで自分が勝手に喜ぶような形なので実害がありません。

どうしたものでしょう。結論がなかなか出ませんね。維持と言っても簡単に忘れてしまうような知識ではないとも思うので意識して触れていく必要があるのかどうかも微妙なところです。ただ興味があるのと応用できるので、できるだけ劣化させたくないのです。やるなら、好きな企業をどこか決めて定期的にウォッチしていくのとかもありでしょうか。

好きな企業はどこかといろいろ見ていたのですが、どうやら自分は事業に興味があるようです。企業といっても多角的にいくつかの領域で活動していることが多いので、一つの業界に絞ると大きな会社はどこも関連があったりします。特に大手の会社は何でも手をつけていることが多いですね。ラーメンからミサイルまでという会社もあるくらいですし。どうせなら好きな業界の事業を見ていくということがしたいので、業界専門の会社でリサーチしていこうと思います。気に入ったことがあればそれで続けたいです。

日常的なことや恋愛なども、財務諸表に例えて考えていってもわかりやすいかとも考え中です。これならつぶやくだけでも知識に触れていけそうです。

結論は出ませんでしたが何か見つかるまで探していきます。