読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

後手番の戦法と方針

後手番の戦法と方針について色々と考えたのでつぶやいてきます。

これまでの後手番での戦い方は、相手に合わせてよく言えば臨機応変にやっていたけれど、どうも戦法の方針が固まらずにその場しのぎの将棋になってしまうことが多かったです。自分は振り飛車党なので、飛車を振る場所もその時の気分とかなんとなくでやっていました。それはそれで一つなのかもしてないけれど、将棋ウォーズ2.3級くらいの棋力だったらある程度似たような形になる方が良いと思いました。なので戦法をある程度固定できないかと考えていました。そこでいろいろ試してみたのですが、いくら考えてもなかなか固まりません。固定できているのはいきなり突っ込んでくる原始棒銀の受け方くらいです。結局、戦法が固定できない理由は後手だからということなのでしょう。交代で一手ずつ駒を動かすゲームなので後手は相手に合わせた形になっていくのが普通なのかと思います。

試行錯誤した結果、戦法を固定するのは無理があるので方針を固定してしまおうという考えを思い付きました。持久戦です。後手番ではとにかく持久戦にもっていくことに決めました。そうなれば角道をさっさと止めたり、知っているか知らないかで序盤に優劣がつきやすい戦法は避けたり、という感じでわかりやすく戦えます。プロみたいに先手のメリットを持久戦にしてなくしていくようなことは悪手をよく指す自分の棋力ではできないけれども、方針と大局観次第で良い勝負にはもっていけるはずだと思います。また、持久戦だと1手の悪手で負けにならないので挽回のチャンスが狙えます。2手くらい大きな悪手を指すと厳しいけれど、1手ならなんとかできそうです。この余裕は大きいですね。ねっとり絡みつくような将棋にしていきたいですね。いやらしくいきたいです。