読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

英文を読むスピードが少しばかりレベルアップしたような感覚がある

英文を読むスピードが少しばかりレベルアップしたような感覚があります。TOEICの問題を解くときに、文法や文脈への意識に集中できているような気がするからです。感覚的に微々たるものだけれど進歩があることは確実に感じられています。自覚できるとちょっと嬉しいですよね。これがあるから続けられるという不思議な向上心があります。

英文を読むこと自体が少し辛いと感じているその上に問題の解法を考えるとなるとかなり重労働ですよね。ですが、読むことを楽にするのが先なのか、問題を解けるようにするのが先なのか、ということは同時進行するものなのでどちらかを先に完璧にすることはできないようです。少しずつ全体のレベルが上がっていく、ぼんやりとしたパズルを少しずつ完成させていく、近視の人が徐々に視力を回復していく、そんな感じではないかと思います。やっぱり絶対量をこなすしかないということでしょう。

なので、すぐには上達を感じられないので取り組んでいて面白みの少ない部類ではあると思います。やっていてほとんど楽しくはないですね。逆にそれぞれが分離して確立しているようなもの、例えば歴史とかだとある程度は区切って学ぶことができるので整理しやすくて簡単に達成感を味わえると思います。

世界中、日本語が通じて何でもできればいいのになとつくづく思います。母国語が英語の人は羨ましいと思ったりしますが、世界的に見ても2つの言語を理解する人はまったく珍しくないということもあるので納得してしまいます。日本が1言語だけで生活できるから必要性がなくしてこなかっただけで、3つ4つできる人もそこそこ多いですよね。ということで自分を鼓舞しながら学習を継続していきます。