読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「限界集落株式会社」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20161228103429p:plain

 起業のためにIT企業を辞職した多岐川優が、人生の休息で訪れた故郷は、限界集落と言われる過疎・高齢化のため社会的な共同生活の維持が困難な土地だった。優は、村の人たちと交流するうちに、集落の農業経営を担うことになった。現代の農業や地方集落が抱える様々な課題、抵抗勢力と格闘し、限界集落を再生しようとするのだが…。集落の消滅を憂う老人達、零細農家の父親と娘、田舎に逃げてきた若者。かつての負け組が立ち上がる!過疎・高齢化・雇用問題・食糧自給率、日本に山積する社会不安を一掃する逆転満塁ホームランの地域活性エンタテインメント。

リアリティのある小説でした。地方の再生だけでなく、仕事での問題を解決したい人に幅広く適用できる内容だと思います。著者が経済経営や政治などについての経験があるからなのか、現実にもこういう人いるよなと考えながら読むことができて勉強になりました。登場人物も問題に取り組む中で徐々に成長していくので読んでいて嬉しくなります。都市部で働いていると論理で白黒つけて物事を進めがちになりますが、そこには人の感情や思い入れが深く結びついていて、ゆっくりしか進まないことがよくあると思います。両方を考慮しながらうまく事を運んでいけるようになりたいですね。