読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「百姓貴族」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170114224520p:plain

マンガ家になる前は北海道で七年間、農業に従事していた荒川弘。牛を飼い、野菜を作り、クマに怯え、エゾシマリスに翻弄される―年中無休で働き、切ない想いも多々あるハードなお仕事。「水がなければ牛乳を飲めばいいのに」。なんたって“百姓貴族"ですから!!知られざる農家の実態を描いた、日本初農家エッセイ登場。

4巻まで読了。酪農あるある北海道あるあるが詰まっています。

実家で畑作と酪農を営んでいるため肉体労働もあり、何を見ても視点が食べることになってしまうようです。牛の生死や害獣の駆除もしているので逞しく育つのでしょう。本州の田舎では車を勝手に運転したというのは聞いたことがあったけれど、ダンプやトラクターなどの農業機械を学生のころから乗りこなすのは流石だと思いました。同じ北海道でも札幌とはまた違ったレベルの生活環境だと思います。

銀の匙を描いている人と同じだったんですね。どうりで絵が似ているなと思いました。