読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「りゅうおうのおしごと!」感想

「りゅうおうのおしごと!」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170115194339p:plain

 玄関を開けると、JSがいた――

「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――

『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え、最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

将棋を題材にしたライトノベル。萌えあり笑いあり真剣さあり、全てを上手く融合させる構成力はすごいです。対局のシーンは熱中して読んでしまいました。関西が舞台ということで、実際の将棋会館やその周辺施設にも触れてあるので現実味も少し感じることができました。小学生から将棋に賭けた日々を送って初めて棋士になれるという世界でのアツい物語が期待できそうです。将棋の内容については深く触れていないので、ルールを知っているくらいのレベルの人でも楽しめる本だと思います。

「りゅうおうのおしごと!2」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170116174433p:plain

「私はあなたを師匠だなんて呼ばないから」
『竜王』九頭竜八一の前に現れた黒衣の少女は高飛車にそう言い放った。
夜叉神天衣。小学4年生。弟子と同じ『あい』という名を持つJSの教育を将棋連盟会長より依頼された八一は密かに特訓を施す。
だがそれが弟子にバレた時――かつてない修羅場が訪れた!
「ししょう……? だれですか? その子……?」
はじめてのライバル、はじめての修羅場、そしてはじめての家出……
幼い師弟に訪れた危機を乗り越え、二人のあいを救うことができるか!?
悲しみの雨に閉ざされた少女達の心に、若き竜王の角が虹を描く!!

弟子にライバル(対極の受け将棋の棋風)が登場する。同じように類まれなる才能を持った少女と将棋の内容が描かれつつ、それとはまた違う女の戦いや嫉妬があります。取材に基づいているだけあって想像しやすく且つ読みやすい文体。個人的には清滝師匠の人柄がおおらかで好きです。

「りゅうおうのおしごと!3」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170117135854p:plain

「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」

宿敵≪両刀使い≫に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して≪捌きの巨匠≫に教えを乞う。
一方、八一の憧れの女性・桂香は、研修会で降級の危機にあった。急激に成長するあいと、停滞する自分を比べ焦燥に駆られる桂香。
「私とあいちゃんの、何が違うの?」
だが、あいも自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうと知り、勝利することに怯え始めていた。そして、桂香の将棋人生が懸かった大事な一戦で、二人は激突する――!

中飛車のように正面からまっすぐぶつかり合う人々の姿を描く関西熱血将棋ラノベ、感動の第三巻!!

生きていく上で大事なことに気付かされる巻だと思います。ギャグよりも熱いシビアな面が多かったです。将棋以外でも仕事で行き詰ったり悩んだりした時にはこの3巻での桂香さんの考え方を思い出すと良いかもしれません。真剣であるが故に見えてくる世界や葛藤、勝ち負けを越えた生きざまを見せつけられました。ラノベで泣いたことはなかったけれど、後半に向かうにつれて自然と涙が出ていました。このクオリティでこの読みやすさはすごい。

「りゅうおうのおしごと!4」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170118161350p:plain

「わたし、もっともっと強くなって……絶対に勝ちますっ!!」

小学校が夏休みに入ったその日、あい達は東京を目指していた。
目的は――最大の女流棋戦『マイナビ女子オープン将棋トーナメント』。
女流棋士やアマチュア強豪がひしめくその大会を、あいと天衣は破格の才能を武器に駆け上がって行く。
一方、その師匠はというと……弟子に隠れて美人女流棋士と将棋番組でイチャイチャしたかと思えば、その翌日は別の女の子と原宿で手繋ぎデート!? しかもそのお相手は……銀子!?

将棋に全てを捧げた女性達が織りなす灼熱の祭典を描いた第四巻!
人生で最も熱い夏が今、始まる。

将棋大会が始まって対局シーンの多い巻でした。熱い戦いがたくさんあります。女流棋士の個性的なキャラクターが登場しました。将棋界での女流棋士の立ち位置や当事者の思いが書かれています。将棋ファンにとっては誰をモデルに書いているのか想像がつくのではないでしょうか。フィクションとはいえ、男性社会に挑む強い女性という意味でも、非常に良いストーリーで心を打たれました。頑張ろうと思わせてくれます。

 「りゅうおうのおしごと!5」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170322202124p:plain

将棋という名の奇跡に最後の審判が下される、激闘の第5巻!

「アーロハ―♪」
遂に始まった八一の初防衛戦。挑戦者として現れた最強の名人と戦うべく常夏の島を訪れた八一だったが……なぜか弟子や師匠までついて来てる!? 一門(かぞく)旅行!?
おまけに銀子と夜の街でデート!? そんなんで名人に勝てるのか!?
あいと天衣、そして桂香のマイナビ本戦も始まり、戦いに次ぐ戦いの日々。誰もが傷つき、疲れ果て、将棋で繋がった絆は将棋のせいでバラバラになりかける。……だが、
「もう離さない。二度と」
一番大切なものに気づいた時、傷ついた竜は再び飛翔する――!!

 躍動感あふれる文章に自然と惹きこまれました。アツい勝負といい、一緒にやってきた人間関係といい、泣きそうになります。特に桂香さんネタは良いです。実際の将棋指しは研究者と同じように厭世的な雰囲気のある人が多いのではと思いますが、この物語を読めば情熱の部分を取り戻せる、そんな話でした。完結なのかそうでないのかよくわからない後書きだったけれど、個人的には続きを期待しています。