読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「ヒトラー ~最期の12日間~」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170121161310p:plain

1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。

最後の12日間に焦点を当てた映画。緊迫した空気が伝わってきました。事実かどうかは置いておいても、このような人間模様はあったのだと思います。

最善策よりも自分の意向通りに事を動かしたいという欲が、悪い方向へ向かった一つの理由なのかもしれません。国の為を思って熟慮の末に提言しても反抗としか見られないようでは弱い組織になってしまいます。内部で出世を考える人が生き残り、全体の利益である勝ちを考える人がいなくなり、最後は側近の心も離れることになってしまいます。同じことが会社でも、特に母体の大きい企業などである話だと思います。

しかし、そんな中でも自分を信じて生き抜いた人達は尊敬されるべきだと思います。一人一人に焦点を当てるとまた違った学びがあるのではないでしょうか。