読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「王手桂香取り! 」感想

「王手桂香取り! 」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170123181959p:plain

上条歩。中学一年。三度の飯より将棋好き。ひそかに憧れる人は将棋クラブの主将、大橋桂香先輩。そんな歩のもとに突如美少女たちが現れる。「私たちは、将棋の駒だ」そう言い放つ彼女たちは駒の化身だという。人知を超えた将棋の強さをそなえる彼女たちの指導のもと、歩は棋力をめきめき上げていく。折しも団体戦の大会が間近に控えており、歩は桂香先輩とともにライバルを打倒し、頂点を目指すべく奮闘する。第20回電撃小説大賞・銀賞受賞、駒娘たちと送る熱い勝負とさわやかドラマの将棋青春ストーリー!

将棋の神様の力を借りて悪役である傲慢な人たちと戦いながら主人公が強くなっていきます。強さは大事だけれど使い方を間違ってはいけないと、人格の大切さを教えられる作品でもありました。駒を可愛い女性に擬人化しています。こんな神様がいたらどれだけ助かるだろうと思うと羨ましい限りです。

「王手桂香取り! (2)」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170124120628p:plain

 第20回電撃小説大賞《銀賞》受賞、熱い勝負とさわやかドラマの将棋青春ストーリー、第2弾!

「頭が高い! 我こそが真の将棋神、女王である! 」
中学校将棋団体戦の東日本代表の座を勝ち取った歩の前に、最も偉大な駒、王の駒娘が現れる。来るべき決勝大会に向け、歩を鍛えてくれるという。
そのスパルタンな指導を受け、さらに棋力をあげていく歩。一方では桂香と息抜きのお出かけをして、少しづつ距離を縮めていく。
そして迎えるは中学校将棋団体戦の決勝大会。桂香の中学時代最後の大会。最強の中学生を相手に、歩たちの白熱の戦いがはじまる! 

対局中の描写に臨場感があって引き込まれます。将棋指しなら誰でも少なからず同じようなことを考えながら指すと思うので共感の多い内容ではないでしょうか。

対局内容に関しては、大局観に重きを置いて書かれています。中学生くらいの年代だと世界が変わるような環境の変化は経験していないのが普通だと思うので、将棋の中でも視点を変えることが難しいのでしょう。局面が悪くなっても諦めずに考える大切さを学べました。
恋の進展もありそうな雰囲気なので今後に期待。

「王手桂香取り! (3)」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170124184725p:plain

 憧れの大橋名人と対局!? 熱い勝負の将棋青春ストーリー、第3弾!

いざ、ペアマッチ将棋大会へ!
想いを寄せる桂香先輩と優勝を目指し練習将棋を重ねる歩。そして迎えた大会当日。思わぬライバルの出現に歩は震撼することになるが――。
そのライバルとの激闘を経て、歩はプロへの道を意識するようになる。プロになるには師匠が必要。ということで、桂香から自分の父、大橋名人を提案される。
歩にとっては憧れの名人、願ったり叶ったりで話は進み、名人と試験対局をすることに!? 大一番に向け、駒娘たちの力を借りて歩はさらなる頑張りをみせる! 

読み終えた後にすごく幸せな気持ちになる小説で、勝負師としての人格の大切さについて考えさせられました。前半は対局中の記号を並べた文章が多かったのである程度棋力のある人でないと読んでいて面白くないかもと思いましたが、後半で覆りました。

ラストのまとめ方が秀逸で、一回落として不安な気持ちにさせてから安心させるテクニックにハマりました。勉強になります。