読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「放課後地球防衛軍1なぞの転校生」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170212111443p:plain

11月、獅子座流星群の夜。銀河に出逢う放課後のはじまり――太平洋岸の過疎の地方都市・岩江。市内唯一の高校の天文部員、祥兵、雅樹、マリアは、顧問の杏先生と共に夜空が墜ちるような流星嵐を観測した。翌日、彼らの前に現れた転校生の悠美。入部希望だという彼女は「岩江の大人達が隠す地球の秘密を知りたい」と微笑む。地下の大空洞を皮切りに、次々明らかになる鄙びた町の真実。はたして悠美の目的とは?

やっと全体図が理解できてこれからというところまでの内容で、比較的ゆっくりとした話の進み具合。天文学の知識や施設が出てくるので勉強になりました。SFだけれども現代の日常の中から徐々に宇宙と繋がっていきます。大きな感情表現があるのではなく何かあっても冷静に話し合いが進んでいく頼もしい高校生たちでした。