読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「帰ってきたヒトラー」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170303132426p:plain

 ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?
「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、
長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。
自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。
しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた<ホンモノ>で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

小説が原作の映画。俳優はかなり似てますね。すごい。

内容は、パロディ要素から始まってかなり真面目な政治的内容へと変わっていくエンターテイメントと社会批評の融合作品。作品の中でのヒトラーがコメディアンではなく本物なので真剣に活動し始めます。背景として、欧州の難民問題の最中で自国民意識が高まったことがあるのでしょう。笑っていいのかどうか微妙なところがいいです。

伝えたいこととして、極端な右寄りは良くないけれどドイツ人としてのアイデンティティは今でも国民の心の中にある、ということではないかと思います。これからどう考えて行動しなければいけないかを見つめ直す良いきっかけになる映画でした。