読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「君の名は。」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170312144125p:plain

新作映画『君の名は。』は、現代の日本を舞台にした、少年と少女の物語です。少女・三葉(みつは)は山深い田舎に暮らしていて、少年・瀧(たき)は東京都心の高校生。面識のないはずの彼らが、ある日互いの夢を見ます。それもものすごく具体的に、相手の生活そのものを体験する夢です。その夢に隠された秘密はいったいなんなのか?

アニメーション映像が滑らかで色合いが綺麗。光の表現方法が進化したのか、風景がリアル。細部まで作り込んでいるのが伝わってきます。アニメもここまできたのか。現実とアニメの境目が無くなりそうです。音楽と映像との組み合わせも抜群で、まさに素晴らしい芸術作品。これは売れるのがよくわかる。千と千尋以来のすごいアニメ映画ではないでしょうか。

物語も、不定期に入れ替わるという面白い設定。起承転結がしっかりしていて、時系列によって観る人が考えながら楽しめるようになっていました。妹の四つ葉が良いキャラしてる。

欲を言えば、再開した後どうなったのかもう少し見てみたかった。でもそれくらいの腹八分目がいいのかもしれませんが。