読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「パプリカ」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170315005442p:plain

 パプリカ/千葉敦子は、時田浩作の発明した夢を共有する装置DCミニを使用するサイコセラピスト。ある日、そのDCミニが研究所から盗まれてしまい、それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。敦子達は犯人の正体・目的、そして終わり無き悪夢から抜け出す方法を探る。

 夢か現実か、よくわからなくなりそうな映画。独特の世界観で、夢や妄想の中を表現しているシーンは何でもあり。原作はSF小説。夢と現実が混ざったり、他人の夢が入り込んで(現実では価値観の押しつけ?)きたり、自分のトラウマが夢と混ざったりと、人の心がよく表現されている作品だと思います。もう一度くらいは見ないとよくわからなそうです。