読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「重力アルケミック」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170316160047p:plain

重力を司る“重素”の採掘によって膨張に歯止めがかからなくなった地球。東京←→大阪間がついに5000キロを突破した2013年―。会津若松市に生まれ育った湯川航は幼少期からの「遠くに行きたい」という思いに突き動かされ、遠路はるばる上京して大塚大学理工学部に入学する。斜陽の学問分野である重素工学科で非生産的な日常を送る湯川だったが、アルバイト先の古書店で一冊の本と出会ったことから、彼の大学生活は大きく変わってゆく。『飛行機理論』―かつて構想されたが実現しなかった、重素を用いない航空機の理論書。平凡な大学生の、無謀な挑戦が始まった!湯川が思い描く「飛行機」は空を飛べるのか。そして、湯川は遠くに行くことができるのか?話題騒然『横浜駅SF』の新人・柞刈湯葉が放つ、青春SFの新たな金字塔。

半分くらいまでは物語の設定が多い内容でしたが、後半で一気に動き出します。

誰もやらないことを無茶してやるのは科学の進歩には不可欠と言われますが、初めてやる時は常識外れなので色んな風当たりがあって大変なのでしょう。そんな中でも挑戦を評価してもらえる人がいて、人生が前に進んでいくという話には夢があります。理系の男子学生は共感できるはず。