読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「さよなら、カルト村。」を読んでみた

f:id:Cp7N2Rdr:20170321232914p:plain

「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、過酷な労働や理不尽な掟に縛られた村の暮らしを受け入れて育ってきた著者は、なぜ自ら村を出たのか? 村で過ごした13歳から19歳までの青春期を描き、当時のマスコミを騒がせた村の実態に迫る、衝撃の実録コミックエッセイ。朝日新聞、毎日新聞、新潮45、TVブロス、アンアンなど、数多くの書評欄で取り上げられ、「その後の話が読みたい!」の声が殺到した話題作『カルト村で生まれました。』の待望の続編! 思春期をむかえた村の子の毎日(音楽、男女交際、一般の本を読むことは禁止。男子の部屋も女子が掃除!)。「個別ミーティング」や内容を大人にチェックされる「日記」など、思想をコントロールする村独自の新たなシステムがスタート。結婚相手は年の離れたおじさん!? 村の「調整結婚」など驚愕のエピソードが明らかに――。

物心ついた時から思想団体(幸福会ヤマギシ会)で育った人の話で非常に興味深かったです。当事者にとってみれば、疑問を持つことはあれども、良いことや楽しみなことも同時にあるのですね。

共同生活での良さは一理あるとは思いますが、それを押し付けるような誘導尋問もあったと書かれています。さらには結婚の制度とか、小さい時に親と子どもを離したりとか、人道的にも問題があったようです。最後は200億の脱税が発覚したらしいですが。上の大人が一番悪かったのでしょう。