読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「イヴの時間」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170413010705p:plain

未来、たぶん日本。
ロボットが実用化されて久しく、
人間型ロボットが実用化されて間もない時代。

ロボット倫理委員会の影響で、人々はそれを“家電”として扱うことが社会常識となっていた。頭上にあるリング以外は人間とまったく変わらない外見に影響され、必要以上にアンドロイドに入れ込む人々は“ドリ系”と呼ばれ社会問題とされるほどである。

高校生のリクオも幼少の頃からの教育によってアンドロイドを人間視することはなく、便利な道具として利用していた。ある時リクオは、自家用アンドロイドのサミィの行動記憶の中に奇妙な言葉が含まれている事に気づく。

親友のマサキとともにサミィの足跡をたどると、そこには「人間とロボットを区別しない」というルールを掲げた奇妙な店が広がっていた…。

ロボットと人間の話だけに不思議な間のあるアニメでした。どちらかと言うとアンドロイドが実用化した場合の人間が抱く感情を表現していたのではないかと思います。感情を持つはずがないと思う反面、感情を持って欲しいと思う面も。機械と人間の境界を考えさせられます。「傷付けずに済む方法を探すのは難しい」というロボットの言葉が印象的。ストーリーとしては曖昧な部分をたくさん残して必要なところだけを描写した感じでした。細かい設定が気になってしまいます。イブの時間は、みんなの繋がりで成り立っているすごく良いお店、そして良い話でした。イブレンド飲みたい。劇場版も観た。