読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「美濃囲い」振り飛車と言えばこれ。

美濃囲いは、主に振り飛車で用いられる囲いとして有名で、居飛車の矢倉囲いと並んで囲いの二大巨頭と呼ばれるくらいの重鎮です。振り飛車とは切っても切れない関係で、振り飛車といえば美濃囲い、美濃囲いといえば振り飛車、と二つはお互いに連想し合える熟練夫婦ような間柄にあります。

(図1)美濃囲い

その横に広がった低い構えがゆえに、側面からの攻撃に強く、主に対抗形(飛車先が戦場になる形)での居飛車対策として有効な囲いだと言えます。

手数がかからずその割には頑丈であるため、囲っている隙を突かれて相手にむちゃくちゃされることもほとんどなく、比較的すんなりと美濃城に入城することができます。コストパフォーマンスという言葉が大好きな若者を中心に大人気です。

基本形(図1)から囲いを発展させやすい応用力もあります。正統派の高美濃囲いや銀冠はもちろんのこと、ちょんまげ美濃や坊主美濃といった髪の毛があるかないかで判断するような変わったものもあります。育毛剤が必要かどうかは状況と本人の価値観によりますが、どれも実戦で現れる可能性があるので知っておいた方が良いでしょう。
居飛車で用いる場合は左辺に作るため「左美濃」と呼ばれます。振り飛車党の熱心なロビー活動により、わざわざ左と一文字加えられてしまって二番煎じな感じがしますが、居飛車の定跡として整備されているほどのれっきとした高性能な囲いです。

扱いやすさと費用対効果を良さを売りにしてアマチュアベストセラーとなった美濃囲いですが、そのあまりの有名さゆえに「攻略方法もみんな知っている」という皮肉にも究極のジレンマが発生しています。美濃囲い攻略本という書籍が何冊も出版されているくらいで、実は知ってさえいれば攻めやすかったりします。

この状況は初心者振り飛車党からすると全くもって忌々しい限りで、できれば政治的圧力をかけて揉み消したいところですが、マジョリティである居飛車党育成組織による圧倒的権力によりねじ伏せられています。

玉頭攻めや端攻めなど、見ての通り薄い場所への攻めを仕掛けられて突破されてしまうと、あっと言う間に逃げる場所がなくなることがあるので注意が必要です。どうやら少し頭付近の守りが薄いようです。特に2八の地点に効いている味方の駒が何一つないので、そこに銀とか角を打ち込まれる展開になると、典型的な負けパターンとなります。

また、玉のラインに角筋を通されて3六の地点に桂馬を打ち込まれる連携プレイを食らうと、3七のコビンの歩を動せなくなってしまい(図2)、そのまま一気に閉店ガラガラと試合終了することもしばしばです。

(図2)

なぜ名前が美濃と付いているのかは、一説によると、かの有名な織田信長の嫁の出身地で、美しい土地だったからとの噂ですが、真相は不明。