読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

桂馬の手筋「二股の桂」

桂馬といえばこれです。もうおわかりの方も多いと思いますが、両取りを使った桂馬の手筋「二股の桂」です。または「ふんどしの桂」とも呼ばれています。初心者同士の対局では、この手筋が炸裂するケースが良く見られるくらい、簡単で使いやすい基本の必修手筋です。初心者はこの手筋を見つけたらバシバシ多用していきましょう。

「一つ前のマスを飛び越えて斜め左右のマスに利いている」ことが桂馬に与えられた唯一の、他の駒にはない、飛車や角などのキラキラ系リア充にも与えられていない特性なのです。自信を持ちましょう。誰にでも一つは必ずあるという持って生まれた長所なのです。桂馬にしかないこの特性を存分に活用していきます。

桂馬の利きに二つの駒が睨まれる形となっていることを一般的に「両取り」と言い、桂馬の手筋「二股の桂」が決まった形です。(図1)に2つの例を挙げてみました。

(図1)

この形を作った後は相手のターンとなりますが、まことに残念ながら悲しいかな、将棋では駒を一つしか動かせないのです。将棋は無慈悲なのです。もちろん、相手が見てない間に、トイレに行っている間に、サっと駒を動かすようなことはしてはいけませんよ。

したがいまして、この手筋を使うと「睨んでいるどちらかの駒を奪うことができる権利」を手に入れることができるのです。(実際はタダではなく「桂馬と交換する権利」になることが多いですが)

逆にいえば「どちらかしか手に入れられない」という意味も含まれています。二兎を追えども、最後に結婚できるのは一人の異性なのです。そのつもりで桂馬を打ち込む必要があるのです。両手に華は許しません。ダメ、絶対。

右の例では桂馬で「王手する形」になっているので必然的に次の一手で玉を逃がすこととなり、その後に金を確実にゲットすることができます。王手も兼ねられる場合が一番です。

左の例では大駒が両取りになっているので、切り返しの筋(こちらに大手をかけられる筋)がなければ、どちらかの大駒を安全地帯へと逃がすことになるでしょう。開き直って逃げない場合もありますが、その場合もどちらかの大駒をゲットすることは確定されておりますのでご安心ください。

ある程度のレベルになればこの手筋を簡単に炸裂させることはできなくなってきます。また、できたとしてもその後に反撃が待っているケースがほとんどです。なのでそのままシンプルに使うことに加えて、他の手筋と組み合わせたりと複雑にちゃんぽんするテクニックを使っていきます。桂馬に桂馬を重ねて使った「鬼畜桂」という手筋や、次に両取りを狙うためにあえて控えて打つ「遠慮がちな桂」がその例です。