読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「ペンギン・ハイウェイ」感想

[森見 登美彦]のペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした──。少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。第31回日本SF大賞受賞作。

SF 的な現象を小学生が真剣に研究していく話で、意外にも抽象的なところもあり、問題解決への考え方も学べる一冊でもあると思います。読みやすい文体なのでサラサラと読めてフワフワとした世界観に浸れます。もっと作り込みがあるのかなとおもってはいたけれど、本題はそこではなかったようです。

主人公は小学生にしてはさすがに賢すぎるけれど面白い設定だと思いました。研究への姿勢はもちろんのこと、人間関係で論理を駆使しすぎたらどうなるかなども描かれていた。それに登場する大人がまた素晴らしくてみんな論理的思考力と愛嬌があった。

最後までお姉さんが自分のことをわかっていないこと、世界の果てを見るのはかなしいことなど、なるほどなと思えるところもありました。

それにしても、やはりおっぱいは重要であることが理解できました。