読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「夜は短し歩けよ乙女」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170501125955p:plain

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。 

何年も前の発売されてすぐくらいの頃に読んで面白かったことを思い出して再読してみた。

妄想と現実が入り乱れる中での設定がコミカルで読んでいて何回か吹き出してしまうところもありました。そういう設定を愉しみたい人にはもってこいでしょう。学園祭や学生の淡い恋愛は本書内容のような雰囲気が大なり小なりあると思うので、経験がある方は共感できるのではないでしょうか。物語の流れと結末としてはふわっとした感じで終わりました。個人的には主人公とヒロインの恋愛描写があってほしかったですがそこのところは現実と似せてあるのかもしれません。

映画化もされているのでそちらも見てみたいです。