読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「クズの本懐」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170507211956p:plain

安楽岡花火と粟屋麦は一見理想の高校生カップル、しかし2人とも他に好きな人がいることを了解しながら一緒にいるのだった。花火は幼い頃からお兄ちゃんと慕っていた鐘井鳴海を、麦は昔家庭教師をしてくれた皆川茜が好きだった。それぞれ花火たちの高校の新任教師になった鐘井と茜は次第に距離を縮めていく。それを見守る花火と麦はお互いに似たところがあるのを感じ、お互いを好きにならないこと、どちらかの恋が実ったら別れること、そしてお互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れることを条件に付き合っている振りをすることになる。

・1話感想

他に好きな人がいるのがきっかけで相談してたらお互いに都合良く利用し合ってたパターン。一緒にいる時間が増えていて付き合っていたパターンならよくあるけれどこれは面白い発想ですね。キスしてる時に他の人のこと考えるクズ。心と体は違うところにあると学ばせてくれます。お兄ちゃんがガチで好きとかあり得ないですが、脳内妹を逆から見るとこんな感じなのかなと。女性のドロドロ感情が表現されていて面白いです。男子高校生は純粋だからここまでドロドロできません。その暗さがいいですね。少女マンガっぽい話です。

・2話感想

人のものにあんまり無許可でひっつかないでねとか言っちゃうとか女の子怖い。普通に付き合ってますやん。女の子怖い。抑揚のない話し方がリアル。ああ切ない切ない。真面目に考えすぎるとこうなってしまうのでしょうか。それとガールズトークのためのお泊まり会がおかしなことに。急展開すぎて笑うしかなかった。

・3話感想

女の子同士の展開になってきました。花火はモテますなあ。ややこしいことすると芋づる式に周辺関係者も同じくややこしい思いをすることになってしまうのです。それで真っ直ぐに戻るのかと思いきや慰め合いの連鎖を引き起こすクズだらけですな。けしからん。恋愛ばっかりせずに勉学に励みなさい。でも思春期のおもちゃだねとか言ってみたい。あかねさん、あなたクズだったんですね。殴りたい。