読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

「宵山万華鏡」感想

f:id:Cp7N2Rdr:20170512215813p:plain

祭りの夜に、何かが起こる。森見ファンタジーの真骨頂!
姉妹の神隠し、学生達の青春群像劇、繰り返される一日からの脱出など、祇園祭の京都を舞台に様々な事件が交錯し、全てが繋がってゆく。万華鏡のように多彩な宵山の姿を楽しめる、連作中篇集。

深奥へと誘い込まれるような宵山での不思議な女の子の体験、不思議な友人のイタズラ劇、宵山で失踪した女の子、などが宵山を舞台に複雑に絡み合い、楽しいこともあり怖いこともある、そんな一日となる話。途中から怪奇現象ミステリーみたいになってき、森見作品には珍しく少しホラー要素が含まれています。この本みたいなことは怖いしのでしたくないですが、宵山に行けば何か不思議な体験ができそうなそんな気にさせてくれます。夏の夜って感じです。

森見さんの作品には宵山がよく出てきますね。地名がよく出てくるので京都を知らないと想像しづらいかもしれませんが、知っていると楽しめると思います。