読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gokigen.com

伸びきった下着のゴムのように緩慢でくだらないブログ

振り飛車党の安定感は四間飛車にあるかもしれない。

久しぶりに将棋について書こうと思います。
最近は四間飛車の定跡本をひたすら読んでは対局してを繰り返していました。
振り飛車党にとっての四間飛車は、欠かせない体の一部のようなものであります。
毎日少しづつ棋書を読み込んでいたおかげで、以前よりも序盤で作戦負けになることが少なくなり、中終盤の戦いを楽しめる機会が増えてきたように思います。
序盤で大きなミスをするとやる気がなくなってしまう可能性が高くなり、さらには将棋自体が面白くないと感じることにもなりかねないと思います。逆に、終盤でのミスは勝負のミスとして楽しめてしまうので、そこまで行ければ何とかなるわけですね。やっぱり何事も盛り上がりは大切なのですね。
もう一度言いたいので言いますが、振り飛車党にとって四間飛車は体の一部のようなものだと思います。
しかもけっこう大事な役割を担っている、人間で言うところの太ももの筋肉のようなものではないかと思います。
その大事な部分を鍛えることによって、毎日の生活が楽になるように、将棋の対局で嫌な思いをする機会も減ってくるというわけです。

そんなことを実感しております。
四間飛車の定跡自体が、かなり応用がきくものだとも思いました。
まず振り飛車としての安定感が上がります。相手の攻めに対しての返し技が身につくので、一方的に損をすることが少なくなります。これは大きなことだと思います。
そして駒組からの厚みの作り方、銀の活用方法などいろいろあると思いますが、どれも他の振り飛車に応用できる技術だと思いました。
さらに藤井システムなどの攻撃的な四間飛車も学ぶと、攻めと受けの両方をバランスよく考えられるようになってくると思います。

相手が攻めてこないと将棋にならない受けの四間飛車だけではやはり面白くありません。隙があればいつでもいくよという気持ちも持っていた方が楽しいでしょう。
というわけで四間飛車は引き続き学んでいこうと思います。迷ったり安定感がなくなったと感じたら、初心に返るように四間飛車を学び直すといいのかもしれません。